感謝の「気持ち」を受け取ってみよう

Relationship
Relationship
Mei
by Mei

外に食事に行くと、店内で必ず1,2組の「女子会」に遭遇します。

女性が2人以上集まると、お喋りの花はずーっと咲き続けていますよね。

いつの世でも女性グループは、年齢を問わず、元気に日本経済を支えているな~と、感心してしまいます。

その女子会で繰り広げられるプチギフト交換の場面では、近くにいるこちらまで思わず笑顔になります。

女子会でのプチギフト文化

誕生日プレゼント、旅行のお土産、バレンタインの友チョコなど特別な意味のあるものではなく、共に時間を過ごす友達にプチギフト、という場面をよく見かけます。「あら~!」「かわい~!」「ありがと~!」と、みんな満面の笑み。

「これ、途中で見かけて試食したら、とっても美味しかったから~!」という、あげる方からの軽い一言も聞こえてきて、周りの空気が和んでいます。

待ち合わせの前にふらっと立ち寄ったお店、デパ地下のお菓子専門店などで買った一口大の高級洋菓子、高級ブレッドのクォーターサイズなど、高級品だけど数百円で買える一人分。

その専門店の小さな紙袋もカラフルでお洒落。

自分用に買い物をすることは滅多になくても、デパ地下の専門店は、最強のギフトマーケットなのです。

お菓子の味だけでなく、パッケージや紙袋のデザインも含めて、全てが自分のセンスを試されるもの。相手の喜ぶ顔を想像して、各店のコンシェルジェに商品特性を聞きながら選ぶのは、かなりワクワクします。

このプチギフト、手軽な値段だし残るものじゃないから、「ほんの気持ち」という言葉がぴったりですね。貰うほうも、気を使わずにありがた~く受け取れます。

かつて、母親世代がご近所のお友達同士で「おすそ分け」という文化を醸成していました。

「おすそ分け」とは、他人から貰ったものの一部を、さらに友人や知人などに分け与えることをいいます。「すそ」とは着物の裾を指し、地面に近い末端の部分というところから転じて「つまらないもの」という意味があるそうです。相手に気を使わせない日本人らしい美しい言葉だな、と思います。

「おすそ分け」も、ちょっとした「ありがとう」の贈り物。

これの進化がプチギフトなんだなと感じます。

 

 

「気持ち」を受け取ると、「気持ち」を贈れるようになる

テレビドラマの世界では、毎晩のように一緒にごはんを食べたり、すぐに駆けつけてくれたりする友達が必ずいます。でも現実には、なかなかそうはいかないもの。

お互い仕事や家庭がある中で、友人との約束は、その一つ一つがとっても貴重なイベントですよね。

「来てくれてありがとう!」という感謝の気持ちのプチギフトを贈り合う…すごくホッコリします。

あげる方は、ただ純粋に、「相手に喜んで欲しい」という気持ちだけ渡すもの。何の見返りも求めていないのです。

受け取る方は、素直に「ありがとう」と受け取るだけ。

ところが、受け取ることに慣れていないと、「お返ししなきゃ」というプレッシャーで、「人間関係が煩わしい」と感じてしまうこともあります。 

それでも、人付き合いには、常に「気持ち」のやり取りが存在します。

モノがあるかないかは関係なく、あなたが受け取るのは感謝の「気持ち」。

この感謝の「気持ち」は、素直にありがたく受け取ることで、自然と自分も人にあげることができるもの。

そうしていくうちに、自己肯定感が上がり、様々なことに感謝できるようになるのです。

まずは、人の「気持ち」をありがたく受け取ることに慣れてみませんか。

by Mei

 

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。