大人になった私たちのお悩み問題

Relationship
Relationship
Mei
by Mei

誰しもが生きている限り、悩みはあるもの

失恋、離婚、死別、裏切り等の人間関係から仕事の行き詰まり、介護、生活苦等、どんな悩みでも、渦中にいる人にとっては、それが人生を揺るがしかねない苦しみに感じられるものですよね。

若い時は、「失恋しちゃったよ~!」と言えば、一晩中カラオケに付き合ってくれる友達が何人もいました。笑

だから、リカバリーも早かったし、悩みそのものが青春の勲章のように美化されていきました。(脳内は、「青春アミーゴ」がグルグル~)

ところが、大人になればなるほど悩みは深刻になるのに、大人になればなるほど、相談できる人が少なくなったり・・・。

みんなそれぞれの生活があって、家族もあって、他人のことに使える時間も、だんだん減ってしまうんですよね。

特に女性は、ライフステージの変化が目まぐるしく、それに伴う人間関係の変化も大きくなります。

やっぱり、大人特有の見栄やプライドだってありますし、だんだん気軽に相談できる友人が少なくなるだけでなく、人間関係の一個一個が希薄になっていくために、腹を割って真実をさらけ出すことも難しいと感じてしまうことも。

 

 

大人の女性は、意外と孤独?

それでも世の中、捨てたもんじゃない!

「いつでも話を聞くよ」「いつでもそばにいるよ」と声をかけてくれる人がいてくれると、やっぱり嬉しいもの。

「いつでも聞くよ」は魔法の言葉。

その言葉を言ってもらえただけで、心がすーっと楽になりませんか?

時には、命を救われることだってあるし、「自分は独りじゃない」と思うこと自体が生きる力になったり。

誰かに話すことで、問題そのものが解決するわけじゃないけど、自分の気持ちが軽くなったり、整理されたりするもの。

話を聞いてくれる人がいるというのは、本当にありがたいですよね。

ただ…、ついついやってしまいがちなのが、「いつでも聞くよ」に甘え過ぎて、わぬ二次災害に見舞われることがあります。

最初は親身に聞いてくれていた友人が、相手もだんだん疲れてくると、「辛いのはあなただけじゃないのよ!!」なんて、突き放されることも。

これ、ショックですよね・・・。
やっぱり、言うんじゃなかった~と、孤独な気分になりがち。

人は本来、誰かの「力になりたい」「役に立ちたい」という本能をもっています。頼られることで自分の存在意義を認識することになり、生きる原動力になったりします。

あなたの相談した家族や友人も、あなたから相談されたことを嬉しく思っているし、心の底からあなたの力になりたいと思っていても、共感し過ぎたり、力が入り過ぎたり…。その結果、なかなか元気にならない本人に対して、自分の無力を感じて苛立ってしまうもの!

私たちは、一番身近な家族や友人には甘え過ぎてしまうことがあります。

それに深刻な悩みは、特定の人だけにしか打ち明けられないので、どうしても一人に集中してしまい、相手のキャパを超えてしまいかねません。

相談する相手を分散するというのも一つの策

「こんなこと、あちこちに言えないわ~」と思うならば、プロを利用するのもお奨めです。

厳密な守秘義務を負う心理カウンセラーは、傾聴の技術を持ち、悩みの原因となっている思考癖を気づかせたり、導くことのできるスキルを持っています。キャパオーバーになることもありません。

友人と飲みに行くくらいのお金で相談ができると思って、気軽に連絡してみてはいかがでしょうか?

自分自身を客観的に見えるようになり、視野がグンと広がりますよ。八方塞がりだと思っていた状況にも、一筋の道が見えてくるかもしれません。

深刻な大人の悩みには、悩みを聴くプロに委ねてみる!
ぜひ、一つの選択肢に入れてみてくださいね。

お問い合わせはこちらのリンクまでどうぞ。
https://instagram.com/mei_counseler

Frau EDU フラウエデュ

by Mei

 

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。