〈愛されたい〉と〈愛したい〉の大きなギャップ

Relationship
Relationship
Elly
by Elly

雑誌やインターネット、様々なところで「愛されたい派?愛したい派?あなたはどっち?」というタイプについての記事を見かけますね。
愛されたいのか愛したいのかは、本当にタイプの問題なのでしょうか…?

大きなギャップとは

愛されたいという受動的なことか、愛したいという能動的なことか、その間にはとても大きなギャップがあると思うのです。

そのギャップは、自己完結するかどうかです。

愛されたいは、愛してくれる相手がいて成り立つもの、相手から愛を与えてもらう必要があり、すなわち自己完結できないのです。愛したいは、もちろん愛する相手がいて成り立ちますが、愛を与えることで自分が満たされるので、自己完結するのです。

ひとつ注意しなければならないのは、「愛したい」にも「愛されたいから愛したい」という見返りを求めている愛したいがあります。この場合は、自分がしてあげたことに見返りを求めているので、相手から見合った感謝や愛が帰ってこなければ、完結しないのですね。
 

人を愛せるようになるには

 
人は一人では生きていけないのですが、相手がいないと生きていけない!という、誰かに依存してしまうことは、実はお互いにとってツライことなのです。
相手が側にいてくれる間は良いのですが、もし自分の幸せを相手任せにしていたら、その相手がいなくなってしまったとき、急に不幸になってしまうのでしょうか?相手にしてみても、「私を愛して!」「私の幸せはあなたにかかっている!」と迫られていたらそのプレッシャーで息苦しくなってしまうかもしれません。
 
誰かに愛を乞う前に、まずは自分で自分を大切にして満たして愛してあげましょう。満たされると他人に満たしてもらう必要がなくなり、自然と人を愛せるようになります。そして自ずと、愛されたいと切望することはなくなるはずです。きっと当たり前に「愛されている」とそう思えるようになるでしょう。
 

健全なパートナーシップ

 
健全なパートナーシップを築くには、お互いがしっかり自分を満たして人を愛せる状態「自立」していることがとても大切なのだと思います。
 
著者のEllyは離婚経験がありますが、当時を振り返ってみても「自立」は本当に重要だったと感じます。経済的に自立していても精神的に相手に頼っていたり、経済的に自立していない場合には生活のために相手に依存せざるを得なかったり。
 
経済的にも精神的にも自立していて相手を愛することができるからこそ、相手に期待しすぎたり頼りすぎたりせず、健全なパートナーシップが築けるのですね。
 
最近では壇蜜さんの結婚観についての婦人公論の記事が話題になっています。
 
「結婚を決めたのは、ひとりで生きる自信がついたから」
 
セクシーなお姉さんの印象が強いですが、いろいろと苦労もあった中で辿り着いた境地だったのでしょう。壇蜜さんはこれから自分たちにとって心地よいパートナーシップをしっかりと築いていくのでしょうね。

まとめ

 
<愛されたい><愛したい>の大きなギャップは、自己完結するかどうかでした。
愛されたい気持ちが強すぎると、相手にプレッシャーを与えてしまうこともあるでしょう。
 
金八先生の有名なセリフにも「人という字は、互いに支え合ってヒトになる」とあります。
どちらかが頼りすぎてしまったら、ぱたりと共倒れしてしまいます。パートナーシップがなんだかうまく行っていないと感じる人は相手にしな垂れかかってはいないだろうか?そして、今の自分は、しっかり自分を愛せているだろうか?と振り返ってみましょう。
 
 
自分を愛することができると、結果として相手からも愛されるようになるのですね。
 
 
 
 
パートナーシップやコミュニケーションでお悩みの方、胸の内をお話してみませんか?
下記のサイトよりお気軽にお問い合わせください。
(ご利用には登録が必要となります。)
 
 

Frau EDU フラウエデュ

By Elly

 
 
 
 

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。