ヨガ哲学:サティヤ(正直)と人生の舵取り

Mind
Mind
アレスドア代表 Rieco
by アレスドア代表 Rieco

最近は、たった1ヵ月前の情報が既に古く感じられるくらい、物事の変化スピードが早くなっていますね。今まさに新型コロナウイルスの影響で、大きな選択を迫られている方も多いのではないでしょうか?

めまぐるしく変わる状況に合わせ、人の言葉や行動も変わっていくのを感じませんか?例えば、たった1週間前に相手が言っていたことさえ、翻ることも。

これでは不信感が募ってしまいそうですが、こんな時こそ執着せずに、「あ、もう気が変わったんだな」と客観的に観ることです。

今日は日常生活の中で取り組めるヤマ・ニヤマ(禁戒と勧戒)から、正直(サティヤ)をご紹介します。

正直(サティヤ)とは?

正直(サティヤ)=嘘を言わないこと。

日常生活の中で行わないように、とされているヤマ(禁戒)の5つの戒律の1つです。私たちは自分の中で、思い(意)、言葉(口)、行動(カラダ)の3つが一貫しているか、いつも自分の軸を見直す必要があります。この3つが揃って初めて、真実になります。

例えば本当は嫌だと思いながらも人に忖度していると、自分から発する言葉や行動がチグハグだったりします。今までは変化が緩やかだったので、そんなに大きな代償はなかったかもしれませんが、これからは一つ一つの判断が、人生において大きな舵取りになるので気をつけたいものです。

自分の中の真実が試されている

不安定な時代の中でも自分らしく生きるためには、まずは自分がどうしたいのか自分自身に真意を問うことです。そして、発言と行動をつなぎ合わせていきます。色んな人の意見に振り回され、思わずその場しのぎで言った「YES」が、大きな嘘になりかねません。

今は柔軟で臨機応変な態度が求められています。これまでの常識は通用しない世界。しかしどれだけ変化を受け入れようとも、そこで一つ大事なことは、自分自身に嘘をついていないか?自分に正直に、自分の中の真実は曲げないことです。

自分の人生を自分でハンドリングする

人間は選択肢がない時に一番、ストレスを感じるそうです。しかしどんな状況下でも、人生の態度だけは自分で決めることができます!自分の人生を自分でハンドリングするためにも、自分に誠実であり続けることが今、試されています。

人生を後悔しないたった一つの方法は、その都度「自分が納得して進むこと」。誰のせいでもなく、自分で考え、選択して行動することです。どんなに時代が変わろうと、自分の思い、言葉、行動を一貫させていくことで、自分に正直に後悔しない人生を送ることができます。

こんな時こそ「凛としてしなやかな自分軸」を持って、乗り切りましょうね!

Frau EDU フラウエデュ
by Rieco

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。