内面を整えると外見も整っていく訳とは?

Mind
Mind
Elly
by Elly
 
あなたは自分の外見に満足していますか?
 
内面と外見、それはどちらも自分自身です。自己肯定感とは切っても切れない関係があるのではないでしょうか。
 
 
日本の若者の自己肯定感
 
GfKというドイツのマーケティングリサーチの企業が2015年に発表した世界各国の外見満足度では22か国中、日本はなんと最下位なんだそうです。
 
 
 
 
日本は「完璧に満足」2%「かなり満足」24%と満足している人は26%にとどまります。
トップのメキシコを見ると「完璧に満足」29%「かなり満足」45%と74%の人が外見に満足しているのです。
 
一方で、2019年6月に内閣部が公表した「子ども・若者白書」では、日本の若者(13歳から満29歳)は自己肯定感が諸外国に比べて低いと出ています。
 
「子供・若者白書について」
参考:https://www8.cao.go.jp/youth/suisin/hakusho.html
 
シンプルな感想として、日本の若者たちは自分へとても厳しい…息苦しいのでは?そんな印象を持ちました。「子ども・若者白書」の中では、諸外国に比べボランティアや外国留学や移住についても興味がない人が多いという結果も出ていました。
これは、内面と外見への満足感が低く、何かにトライしたい気持ちもセーブしているんじゃないかと思いました。
 
内面を整えるとなぜ外見が変わるか?
少し私の話をすると、身長152cm、天然パーマ、お尻は大きい、そんなことを気にして自分を認められない時代もありました。しかし、自分と向き合って、自己肯定感が高まるにつれ外見も変わってきたと自覚しています。
 
自分の心と向き合って大切にすることは、自分を慈しむことなのです。その時その時の感情を「あ、今私楽しんでいるな」「悲しいな」「今日は疲れているな」としっかり感じて、自分が快適でいられるように行動してあげるうちに、おのずと、自分が使うもの、身に着けるもの、そういったものも、自分にとって心地よい質のいいものを選んであげられるようになります。
 
また身体のケアも、「今日もがんばったよね私」と労わって、ゆっくり湯舟につかってリラックスしたり、セルフマッサージをしてあげたり、フェイスパックをしてみたり、自分の身体に時間と労力を使えるのです。
 
例えば、お仕事が繁忙期を迎えて残業が増えると、ゆっくりする時間もなく部屋は散らかり放題、心が休まらない!!そんな時に、丁寧に体のお手入れをしようなんてなかなか思えないですよね。
まずは、心の余裕を取り戻しましょう。時間の余裕が出てきたら、お部屋を整えて、瞑想をしてみたり、ヨガをしてみたり、筋トレをしてみたり、自分が自分に戻れる手段がわかっているといいですね。そうして、心と体を労わって慈しんであげましょうね。
 
日々、そうやって自分の心と身体を慈しんであげるうちに、内面も外見も整っていき、そのうち、「あれ?私なんでお尻大きいこと気にしてたんだっけ?」なんてコンプレックスをまるっと認めてあげられる日も来るかもしれません。
 
内面が整い外見が整うと、「自分のやりたいこと」にも果敢にトライできるようになるのではないでしょうか?
自信がないから…と諦めていてはとてももったいないことです。
 
なんだか、一歩踏み出せない、やりたいことがあるのにトライできない、そんな人は自分の心を大切にするところから始めてみましょうね!
 
 
Frau EDUフラウエデュ
by Elly
 

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。