辛い時期を乗り越える方法

Mind
Mind
Mei
by Mei

生きていると辛い出来事の一つや二つ、ありますよね?

そして、その出来事は、なかなか記憶から出て行ってくれなかったり。

そんな時、あなたならどうしていますか?

 

多くの人が実践しているのは、次の2つ。

  • 他のことに没頭して、辛い出来事を思い出さないようにする。
  • 旅行などをして、日常を離れてみる。

 

どちらも「時薬」「転地薬」とよばれる気分転換の方法です。

この方法を実践しているうちに、

問題がどうでもよくなったり、

忘れてしまったり、

違う感覚に置き換わったりして、

本当に気分が転換することがあります。

 

しかし、

気分転換をしても、

日常に戻るとまた辛さに覆われてしまったり

何をしていても頭から離れない出来事を

抱えてしまうときもあります。

あまりにも辛い出来事に関しては、

自分の気持ちに蓋をすることは、

応急措置でしかなく、

時薬や転地薬があまり効かないことがあります。

 

そればかりでなく、

出来事から目を背けているだけで、

根っこにずっと抱えてしまうこともあるのです。

 

辛さを認める

 

まずは、

辛い自分を、「よしよし~、辛いよね~」

と抱きしめてあげましょう。

思い切り、声をあげて泣いてもよいのです。

引きこもってしまったってよいのです。

 

そんな状態であっても、

ちゃんと「息をしている」ことに気が付いてください。

自分の呼吸を意識してみてください。

 

そして、

こんな辛い思いをしているけど、

それでも生きている私って、えらい!

と、自分をたくさん褒めてあげましょう。

 

感謝の気持ち

 

自分の尊さに気づくことにより、

生かされていることに感謝の気持ちがわいてきます

このプロセスを入れた後に、

時薬や転地薬を試してみます。

 

もちろん、

これらは一発ですぐに効く特効薬ではありません。

でも、副作用は一切ありません。

思考錯誤して薬の量を調整しながら、

自分に合ったやり方で、

毎日を丁寧に過ごすことだけに集中してみます。

 

生かされていることへの感謝の気持ちは、

次第に、

周囲の人々や自分の置かれている環境に

向くようになってきます。

感謝の気持ちが大きくなるにつれ、

あなたは今よりもずっとずっと

素敵な笑顔になっていくはず。

 

どんな試練も必ず乗り越える道はあります。

辛い時は一人で抱え込まず、

ぜひカウンセラーやコーチにも

相談してみてくださいね。

 

 

Frau EDU フラウエデュ

By Mei

 

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。