症状緩和☆花粉症対策で快適な毎日を

Health
Health
Noriko
by Noriko

いつもフラウエデュ記事をお読みいただき

ありがとうございます♡

セラピストNorikoです。

 

今年は例年より、寒さがゆるやかだなぁ・・・

なんて思っています。

 

そんなときについ頭によぎるのが

「今年の花粉症、大丈夫かな?」です(笑)

 

花粉による目のかゆみは、やはり放っておけないですよね。

何と日本人の4人に1人が今はお悩みなんだとか…

そうなると、予防がいかに大事なのかは言うまでもありません。

 

お薬をできるだけ飲みたくない…っていう方も多いようなので

今日は今すぐ始められる予防策について、

お話しさせてくださいね。

 

先に花粉症についてなのですが、

身体に入った要らないものを出そうとする「免疫反応」のことで、

その反応をゆるめる為には

内側からのケア(インナーケア)が大事になります。

今回は5つのインナーケアをご紹介しますね。

 

1. 腸活で免疫をUP(発酵食品

以前、腸活の記事にも触れた腸は、体の免疫の60%程度を担っているそうです。

これってすごい事ですよね~!

ぜひ、毎日の食事に発酵食品を摂り入れてあげてくださいね。

⇒過去記事 年末年始の腸活ノススメ】

 

2. シソ(紫蘇)で抗アレルギー力UP☆

シソには皮膚や粘膜を丈夫にする効果があるそうです。

またアレルギーに効果が期待できるロズマリン酸を含みます。

特に、たね(種子)などに含まれる量が多いので、

えごま油などは特にお勧めですよ。

(好き嫌いがあるかもしれないので気をつけて選びましょう)

 

3. 薬効のあるハーブティーでスッキリ☆

ハッカやミント系のものは抗アレルギー作用があると言われ、

さらに不快なムズムズ症状を緩和してくれます。

あのさわやかな香り、いいですよね♪

ミントが苦手な方は緑茶とブレンドしてあげるといいですよ。

それから、免疫アップのエルダーフラワーでしたら

最近ではシロップ漬けがよく売られています。

マスカット風味の香りで日常に取り入れやすいので

お湯割りや炭酸割など美味しく始められますよ♪

 

4. イワシ、サバは優秀な抗ヒスタミン食材☆

青魚に含まれる脂は体に良い作用がいっぱいです。

その中でも抗アレルギー作用があげられています。

ダイエットにも、とても良い高タンパク食材ですし、

この季節のお食事にこまめに取り入れてみてくださいね。

 

最後に・・・

5. お酒とお肉をちょっぴり、控えめに

アルコールが花粉症の原因になるヒスタミンの発生を促進するのと

血管が拡張されるため、鼻水がでやすくなってしまうんです(泣)

症状が出やすい方はこの時期、チョット注意ですね☆

 

お肉は、その脂が腸内環境を崩しやすいので、

こちらも併せてチョット減らす、を心がけてみてくださいね。

 

 

いかがでしたか??

あなたの花粉症シーズンが少しでも和らぐように

この5つの対策、是非やってみてくださいね!

 

あなたの美と健康を整えるサポート役であり続けたい

セラピストNorikoでした。

 

 

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。