職場の苦手な人を克服する3つのステップ

Business
Business
Elly
by Elly
 
 
どうしても苦手な人って、一人や二人いますよね。
その人が、仕事で密接にかかわる相手だったとしたら、なかなかつらいかと思います。
相手とできるだけ関わらないように、距離を置けるならいいのですが、仕事でどうしてもかかわってしまう…そんな時はどうしたらいいのでしょう?
最近、苦手な人に出会い何とか乗り越えた私が、実際に取った行動をご紹介しますね!
 
目次

1.苦手な理由を分析

 
「あ~この人苦手だな」と思うにはきっと理由があります。まずは、具体的に相手のどんな行動が苦手と感じるかを分析しましょう。
 
私が苦手だと思ってしまうよくある原因が
●語気が強かったり、強気な姿勢の人
⇒相手の態度にびっくりして萎縮してしまいがちです。
●時間の感覚が自分とズレている人
⇒自分の時間を奪われているような気分になってしまうのです。
 
この苦手な理由を分析する際の注意点としては…感じていることを隠さないこと、そして苦手と感じた自分を責めないことです。

2.相手の行動を分析

 
苦手な理由を分析できたなら、次は相手を分析してみましょう。人は理由がわかると意外と安心出来たりするものなのです。
 
”なぜ、相手はあんな強気な態度をとるのだろう?”

もしかして入社したてだし、不安が強いのかしら?
社会人歴は長いから、しっかりしなきゃとプレッシャーを抱えているのかもしれない。
「馬鹿にされたくない、負けたくない」そんな不安もあるのかもしれない。
 
私自身、そんな風に相手の状況に立って考えてみると、なんだかその行動も納得が行きました。相手も不安なのかもしれない、と思ったら、相手と接するときの話し方を少し変えてみようか?と考えることもできました。

3.周りに相談

一人で解決できそうになければ、「会社行きたくない…」というところまで悪化する前に早めに相談しましょう!客観的なアドバイスや、解決策の糸口が見つかるかもしれません。
 
相談する相手によって、相談の切り口は変えるのがオススメです。
 
<友達に相談する場合>
「こんな人がいて困っちゃった~」とフランクに愚痴をこぼすことでもいいでしょう。
話すことで解消することもあります。
 
<上司に相談する場合>
友達とは違いますから、できる限り「業務に支障がでる」という観点から相談しましょう。例えば、前段で述べた私の苦手と思う理由「時間の感覚」についてを相談するとしたら、こんな感じでしょうか。
 
「丁寧に業務を進めているせいか時間配分がうまくいかず、今後一人で業務を回す際に、期限を守れない可能性があります。課長からも口添えをお願いできませんか?」
 
そんな風にうまく業務と紐付けることで、管理職として放置しておくわけにはいかないですよね。
もし、うまく業務と絡められそうにない…その場合には、思い切って愚痴っぽくなってしまったとしても自分がどのようにのかツライか伝えてしまいましょう。上長に弱みを見せるなんて成績に響くかも?と不安にもなりそうですが、早めに解決することの方が自分も持っている能力を存分に発揮できる時間が増えますからメリットだと思いませんか?

3つのステップを実践した結果は?

 
実際に私が苦手な理由を明確にして上司に相談した結果…
 
●当初は、不明確だった引継ぎ期間が明確に。
●担当業務の割り振りも変更になり、引継ぎが終えれば関りが少なくなることが決定。
 
これで相手との引継ぎさえ終えれば距離が取れるとわかり、引継ぎ期間だけはがんばれそう!と思え、周りからも応援の声をたくさんもらったりして…なんとか乗り越えることができました!
 
そして、引継ぎも終え、距離を保てるようになったある日、久しぶりに声をかけられたときにふと「あれ?前よりも平気」と感じたのです…!正直に言えば積極的にかかわりたいとは今でも思えませんが、以前よりも苦手意識が薄くなり「平気」と思えたことは、数か月前の私と比べたら驚愕の変化でした!

まとめ

 
さて、私は苦手な人をなんとか乗り越えられたわけですが、学ぶことがすごく多かったと感じています。
 
・苦手な人だったとしても他者を理解することで自分との違いを認識できる
・理由がわかれば納得して冷静になれること
・周りが理解していてくれると思えるとガンバれること
 
苦手なコトや相手に立ち向かうことは、簡単なことではありませんが、この一見ネガティブだと思えることも、実は成長のチャンスかもしれません。
とはいえ、本当に本当に一番大切なのは、”自分を守る”ことです。無理して頑張りすぎて身体を壊しては元も子もありません。「これはダメだ…」となったら勇気を出して、そそくさと逃げましょう!うまく乗り切っていきましょうね!
 

Frau EDU フラウエデュ

by  Elly

 
 

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。