職場で良好な人間関係を築く4つの秘訣

Business
Business
Elly
by Elly
冷え込む日が少なくなり、だんだんと春の雰囲気を感じられる日が増えてきましたね。
春と言ったら、新生活、お引越し、新社会人、転職、異動そんなワードを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?
心新たにウキウキとしている人もいれば、環境の変化に少し不安な方もいるかもしれませんね。
 
新しい環境でも、良好な人間関係を築ければ、お仕事を円滑に進められますよね。
今日は、良好な人間関係を築くための秘訣をお伝えします。
 
 
~良好な人間関係を築く4つの秘訣~
①挨拶はしっかり
②郷に入っては郷に従え

③謙虚な姿勢
④自分から心を開く
 

①挨拶はしっかり

新社会人でも中途入社の方でも、所属部署や関係部署の皆様の前で挨拶をする機会が多いですよね。
どうしても緊張しますが、内容が短かめでもしっかりと声をだしましょう。

また、皆さまの前でご挨拶したとしても、同じチーム・部署の人には、お仕事で初めて関わる際には、改めて個別にご挨拶しましょう。
「よろしくお願いします」と挨拶ができるだけで「ちゃんとした人ね」と安心感を感じてもらえます。
 
最初に挨拶がないと、「あれ?お名前、聞いたっけ?」「唐突に話始めたな・・・」という風に、若干の違和感や不安感が残りがちです。
 
お互いにギクシャクしてしまうとお仕事もやりにくいですから、最初が肝心です!
 
 

②郷に入っては郷に従え

どんな会社でも規則やルールがあるものです。まずはその基本的なルールを覚えること・企業文化を踏襲しましょう!

もしかすると前職との違いに違和感を抱くかもしれません。初めから「いやいや前職では」とか「これっておかしくないですか?」と主張するとと、会社の文化を否定していると思われかねません。
最初の3か月は、思いっきり自己主張するのはのは少しガマンです。

 
電話やメール、最近ではグループチャットなどのコミュニケーションの場では企業文化が色濃く現われます。
メールだけを考えてみても
・挨拶は簡単に?それとも丁寧に?
・文面の始まり方の癖は?(標題の件、掲題の件、本件について、などなど)
・メールの文面ではどんなワードがよく使われるんだろう?
・長文型?シンプル型?
まずは同じチームの人をよく観察して、特徴的なところを真似をするといいですよ。
真似することで共通言語が増え、周りの先輩方とも同じレベル感で話ができるようになります!
 
 

③謙虚な姿勢

転職ともなると、社会人歴があっても転職先の会社では新人さん。

その会社の規則やルール、業務は教えてもらう場面は多いですね。

基本のスタンスは、謙虚な姿勢です。
業務を教えることは、時間も労力を使います。
時間を作ってくださることに感謝をしてしっかり話を聞きましょうね。
 
もしかして業務を教わる先輩の中には年下の方もいるかもしれませんね。
「年下の上司・先輩への接し方がわからない」というお悩みもちらほら聞きますが…
 
答えは簡単。「相手を尊敬し、しっかり敬語を使って接する」
 
若い方でも仕事ができる人はたくさんいます。
自分が教わる側であれば、相手が年上・年下関係なく、相手の秀でた能力を見つけ、その能力を自分に吸収するつもりで教わりましょう。
 
余裕が出てきた頃に、その秀でた能力を伝えてあげると喜ばれますよ!
「○○さんって、こういう部分がとても素敵ですよね!見習います!」といった具合に。
 
教えていただけたら、お礼も丁寧に伝えましょうね!
 
 

④自分から心を開く

 
一日でも早く環境になじみたかったら、自分から心を開いていきましょう!
職場の人とランチにでた際には、自分が話せる範囲で趣味やプライベートの話をしてみましょう。
自分が相手に対して開いた心は、同じだけ相手から返ってきます。
自分が心を閉ざしていたら相手も開こうとはしてくれません。
 
とは言え、相手のことを知りたいからと、質問攻めにするのはオススメしません。
質問しすぎてしまうと尋問されているような感覚になりませんか?
相手を知るためにも、まずは自己開示から。
「私は実はこんな趣味があるんですけど、●●さんは何か趣味はありますか?」
といった具合に自分の話をしてから質問をすると、相手も話しやすくなりますね!
 
 
  • まとめ

さて、これまで4つの秘訣についてお伝えしてきました。
どれもとっても難しいことではなかったと思います。

・挨拶はしっかり
・郷に入って郷に従え
・謙虚な姿勢
・自分から心を開く
 
当たり前のことばかりなのですが、それを当たり前にできる人こそ
周りから安心感を感じてもらえて、好かれる人になれるのではないでしょうか。
 
一緒に働く仲間と友好的な関係を築けると、円滑に仕事を回していけます。
いざ、というときにも頼れる人がいれば、安心して自分の能力を発揮できます。
 
自分が一度経験したことは、過去の自分と同じ状況に立たされている人の気持ちが理解しやすいですよね。
自分が教える側に立った時に、「私も緊張していたよね、どうしたら早く慣れてもらえるかな?」と考えて、相手に寄り添ってあげることができますね!
 
ぜひ、周りの人と友好な人間関係を築くためにもお試しください!!
 

Frau EDU フラウエデュ

by  Elly

concept

女性の「生きる」を整える
Frau EDU(フラウエデュ)は、
これから輝きたい人への学び場です。
女性はライフステージの変化を経て、
価値観もドンドンと変化していきます。
仕事・恋愛・人間関係などで悩みながらも、
自分らしく生きようとするあなたを Frau EDUがサポート。
読むだけで「こころとカラダ」が整う、学びのサイトです。